2018年11月17日土曜日

「人工呼吸器のトラブルに挑む in 広島」セミナーのご案内

1月に東京で開催する、「人工呼吸器のトラブルに挑む」セミナーを広島でも開催することになりました!!
「東京だとちょっと遠くて参加できないな…」と悩んでいた皆様、この機会にぜひご参加ください!


人工呼吸器のトラブルに挑む

   〜グラフィックとメカニクスを使いこなせ〜

 遠くから人工呼吸器のアラームが聞こえる…
 「うぁ~」と思ったことありませんか?
 鳴っているアラームをとりあえず“消音”、でも原因がわからない・・・
 でもこのまま放置するわけにはいきません。何かが起きているのは確かです。
 さて、避けては通れぬ人工呼吸管理中のトラブルにどのように立ち向かっていけばいいでしょうか?物言えぬ患者さんに起こるトラブルに立ち向かうためには、人工呼吸器が発する声に耳を傾ける必要があります。人工呼吸器のメッセージを適切に読み取って、何が起こっているか読み解く力が必要なのです。
 このセミナーでは、人工呼吸管理中に起こるトラブルを整理しながら、そのトラブルに立ち向かうための“力の使い方”を学びます。
人工呼吸器のモードや設定は一通り分かった!!今度はトラブルにも立ち向かえるようにしたいという皆さん、トラブルに立ち向かえるための“力の使い方”を学ぶ第一歩を踏み出しませんか。 ※このセミナーでは人工呼吸器を使った実習は行いません。

日時:2019年2月24日(日)13:00〜17:00(12:30 開場)
場所:広島市立広島市民病院 講堂(中央棟 10階)

内容: 
・何が起こるのか?人工呼吸器のトラブルとは
・グラフィックからトラブルを読み解く
1、グラフィックスの基本的な読み方
2、グラフィックの活かし方 
・肺メカニクスからトラブルを読み解く
1、肺メカニクス(気道抵抗、コンプライアンス)とは
2、肺メカニクスの活かし方(VCV編、PCV編)
・事例からトラブルシューティングの考え方とコツを学ぶ
※このセミナーでは人工呼吸器を使った実習は行いません。

講師:安田英人 (亀田総合病院 集中治療科 医師)
   山田紀昭   (済生会横浜市東部病院 臨床工学技士) 

対象:モードや設定といった人工呼吸の基礎は理解していて、次はトラブルに対処できるようになりたい 医師・看護師・臨床工学技士・理学療法士 他 医療従事者

受講料:6,000円(事前振り込み)
    ※セミナー2週間前までのキャンセル・返金は受け付けますが、それ以降のキャンセルはできませんのでご了承ください。
定員:60名(先着順)


お申込み: こちらから  (Peatixのお申込みページに移動します)


       または、下のQRコードを読み取ってください。
           


「ここまで考える人工呼吸管理」セミナー定員に達しました

「ここまで考える人工呼吸管理」セミナーは、定員に達しましたので、申込みを締め切りました。
お申込みいただいた皆様、ありがとうございました。
講師・スタッフ一同、セミナーでお会いできることを楽しみにしています。

2018年11月6日火曜日

「人工呼吸器のトラブルに挑む」セミナーのご案内

人工呼吸器のトラブルに挑む

   〜グラフィックとメカニクスを使いこなせ〜

 遠くから人工呼吸器のアラームが聞こえる…
 「うぁ~」と思ったことありませんか?
 鳴っているアラームをとりあえず“消音”、でも原因がわからない・・・
 でもこのまま放置するわけにはいきません。何かが起きているのは確かです。
 さて、避けては通れぬ人工呼吸管理中のトラブルにどのように立ち向かっていけばいいでしょうか?物言えぬ患者さんに起こるトラブルに立ち向かうためには、人工呼吸器が発する声に耳を傾ける必要があります。人工呼吸器のメッセージを適切に読み取って、何が起こっているか読み解く力が必要なのです。
 このセミナーでは、人工呼吸管理中に起こるトラブルを整理しながら、そのトラブルに立ち向かうための“力の使い方”を学びます。
人工呼吸器のモードや設定は一通り分かった!!今度はトラブルにも立ち向かえるようにしたいという皆さん、トラブルに立ち向かえるための“力の使い方”を学ぶ第一歩を踏み出しませんか。 ※このセミナーでは人工呼吸器を使った実習は行いません。

日時:2019年1月19日(土)13:00〜17:00(12:30 開場)
場所:東京医科歯科大学 M&Dタワー 2F

内容: 
・何が起こるのか?人工呼吸器のトラブルとは
・グラフィックからトラブルを読み解く
1、グラフィックスの基本的な読み方
2、グラフィックの活かし方 
・肺メカニクスからトラブルを読み解く
1、肺メカニクス(気道抵抗、コンプライアンス)とは
2、肺メカニクスの活かし方(VCV編、PCV編)
・事例からトラブルシューティングの考え方とコツを学ぶ
※このセミナーでは人工呼吸器を使った実習は行いません。

講師:安田英人 (亀田総合病院 集中治療科 医師)
   山田紀昭   (済生会横浜市東部病院 臨床工学技士) 
対象:モードや設定といった人工呼吸の基礎は理解していて、次はトラブルに対処できるようになりたい 医師・看護師・臨床工学技士・理学療法士 他 医療従事者

受講料:6,000円(事前振り込み)
    ※セミナー2週間前までのキャンセル・返金は受け付けますが、それ以降のキャンセルはできませんのでご了承ください。
定員:70名(申し込み順)


お申込み: こちらから (Peatixのお申込みページに移動します)


      または下記のQRコードを読み取ってください
        

2018年10月30日火曜日

「ここまで考える人工呼吸管理」セミナーのご案内

「ここまで考える人工呼吸管理」

          ~人工呼吸中の自発呼吸を語る~ 


 人工呼吸管理をしていて自発呼吸がある場合、疑問に思うことはありませんか?
 正しく設定したはずなのに、苦しそうにしている、肺メカニクスを測定したけど自発呼吸がある場合ってどうなんだろう。自発呼吸がある場合、何を気をつけなければならないのか?
 こんなことを疑問に感じたり、モヤモヤしているそこのあなた!
 自発呼吸と人工呼吸の深い関わりの謎に迫りまししょう。
 このセミナーは、講義を聞くだけでなく、同じ疑問を持っている仲間とディスカッションすることで学びを深めていきます。
 それでは「人工呼吸中の自発呼吸を語る」セミナーで激しく語らえることを楽しみにお待ちしています。

呼吸の基礎は理解していて自発呼吸がある患者さんの管理について一歩進んだ考え方をしていきたい方におススメのセミナーです。



日時:2019年1月20日(日)9:00〜17:308:30開場)
場所:東京医科歯科大学 MDタワー 2
対象:医師・看護師・理学療法士・臨床工学技士で、下記について知識をお持ちの方
      ①人工呼吸の目的
      ②人工呼吸管理における肺メカニクス評価 (自発呼吸なし
          ③人工呼吸器の基本的なモードと換気様式


定員:30名(先着順)
参加費:15,000円(事前振り込み)

内容:
・自発呼吸の生理学
PCVVCVの人工呼吸器で測定される肺メカニクス
・自発呼吸がある場合のプラトー圧の考え方
・自発呼吸+人工呼吸においての呼吸仕事量の軽減 
・人工呼吸管理において問題となる自発呼吸の評価

お申込み: こちらから  (Peatixのお申し込みページに移動します)
 
     または下のQRコードを読み取ってください

       


ワークショップディレクター:金子教宏 (亀田総合病院 呼吸器内科 医師)
スタッフ:安田英人(医師)
      櫻谷正明(医師)
           岸原悠貴(医師)
           鵜澤吉宏(理学療法士)
      山田紀昭(臨床工学技士)
           盆子原有香(看護師)